AIDMA とは?(リアルSEO用語集)

リアルSEO
リアルSEOホーム » 用語集 » A » AIDMA

AIDMA(アイドマ) - 解説  rss

消費者の各行動をそれぞれの頭文字で表記したもの。(アイドマ)

Attention(注意)――テレビ広告などによって注意を引かれる
Interest(関心)――商品に対する興味を持つ
Desire(欲望)――商品を欲いと思うようになる
Memory(記憶)――商品やブランドを覚える
Action(行動)――購買行動を起こす


ネットの普及により、

現在では、AISAS(アイサス)といわれている。

「Attention」(注意が喚起され)
「Interest」(興味が生まれ)
「Search」(検索し)
「Action」(購買し)
「Share」(情報を共有する)

"AIDMA" 関連の人気・注目記事

以下の記事は、自動収集しています。不適合な内容が表示されることがあります。ご了承ください。 タイトルの後に表示されるusersのタグは、ブックマーク数です。左が【はてな】右が【ライブドア】のブックマークの数です。数字が多いほど人気の高い記事ということになります。
SNS時代のマーケティングフレームワーク「DRESS」とは? ブックマークに登録している人数
マーケティングやビジネスに関わる方なら、みんな「AIDMA」や「AISAS」をご存知だと思います。 AIDMAとは、消費者が購買を決定プロセスのことです。これは ・製品の存在を知る(Attention) ・興味をもつ(Interest) ・欲しいと思う(Desire) ・記憶する(Memory) ・購買する(Action) の頭文字をとったものです。Wi...
グーグルが調査、スマホ時代の消費行動は「ジャーニー型」から「パルス型」へ ブックマークに登録している人数
グーグルが調査、スマホ時代の消費行動は「ジャーニー型」から「パルス型」へ:今日のリサーチ(1/2 ページ) スマートフォンの普及で消費におけるオンラインとオフラインの垣根が低くなりつつあります。そうした中、グーグルが日本国内で実施した調査によると、一般消費財購入において注目すべき傾向があるようです。
消費者心理の分析 - AIDMAの法則とは - ブックマークに登録している人数
AIDMA(アイドマ)とは1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語である。日本語圏において「AIDMAの法則」として、2004年に広告代理店の電通等により提唱されたAISAS[1][2]との比較等で日本では...